神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.3 解熱剤の使い方

 発熱はウイルスや病原菌に対する体の防御反応です。特に乳幼児では高熱になることが多く、保護者が非常に心配されますが、高熱で脳がやられることはありませんし、熱が高いから病気が重いということもありません。しかし、熱が高いと患者さんの体力が消耗しますので、解熱剤を使ってよいと思います。

  当院で指導している解熱剤を使う体温の目安と間隔は以下のとおりです。(ドクターによって指導に多少違いがあると思います)

 ・6歳以下では、38.5℃以上で、6時間以上あけること
 ・7歳から12歳では、38℃以上で、5時間以上あけること
 ・13歳以上では、頭痛などの痛みや発熱感があってつらいとき、5時間以上あけること

注意事項は以下のとおりです。

 特に乳幼児では、38.5℃以上であっても機嫌がよければ解熱剤を使う必要はありません。
 解熱剤は熱を一時的に下げるだけですので、病気が早く治るわけではありません。
 全身状態によく注意し、脱水では熱が下がりにくいため水分補給に努めてください。

2003年2月2日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→