神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.8 顔色がよくない子ども

1. 貧血

 貧血の中で、最も多いのが鉄欠乏性貧血です。乳幼児期と、思春期(特に女性)にて貧血が多くなりますが、体の成長期に鉄が不足するからです。顔色や下まぶたの結膜を見ても、かなりひどくない限り貧血かどうかはわかりませんので、診断には血液検査が必要です。

2. いわゆる虚弱児

 東洋医学でいう「虚」の状態を示す体質を持った子どもが虚弱児と考えてよいでしょう。虚弱児の特徴としては、以下のようなものがあげられます:顔色がさえない、目の下に隈(くま)が見られる、皮膚がかさかさしている、風邪をひきやすい、熱をだしやすい、やせている、食が細い、下痢しやすいなどです。

 目の下の隈を心配する母親は少なくありません。隈はアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎や喘息といったアレルギーの病気を持っている子どもで目立つようです。隈があるから重い病気が隠れているということは普通はありません。「虚」の体質であるひとつのサインです。

2003年4月20日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→