神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.7 脱水予防とイオン飲料

 乳幼児は、嘔吐や下痢で水分や電解質を失うと脱水状態になりやすいのです。脱水の症状は軽症の場合、尿が少なくなる、皮膚やくちびるが乾く、元気がないなどですが、重症になるとショック、痙攣など起こし、生命にかかわることもあります。

 脱水の予防には、水分だけでなく、電解質や糖も与える必要があります。そのためには白湯やお茶よりも乳幼児用イオン飲料のほうがよいのです。

 乳幼児用イオン飲料は成人用のスポーツドリンクとどのように違うのでしょうか。代表的な商品を比較したものが下の表です。

  Na(mEq/L) K(mEq/L) Cl(mEq/L) 糖質(g/L)
乳幼児用イオン飲料:
アクアライト(和光堂)
30 20 25 50
スポーツドリンク:
ポカリスエット(大塚製薬)
21 16.5 67

 乳幼児用イオン飲料は、スポーツドリンクに比べて電解質が高くなっているので、下痢や嘔吐のときの脱水予防に適しています。また、乳幼児が飲みやすいように果汁を加えて味を工夫しています。

 ただし、イオン飲料というと、体によさそうなイメージがありますが、健康な状態で飲むと塩分や糖分のとりすぎになるので、下痢や嘔吐など病気のとき以外は必要ないと思います。

2003年4月4日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→