神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.15 マイコプラズマ肺炎

 肺炎は抗生物質が発達した今でもごく普通に見られ、入院治療を必要とすることが多い病気です。小児では、肺炎球菌など原因の細菌性肺炎と、マイコプラズマという病原体によるマイコプラズマ肺炎がよく見られます。この6月ごろからマイコプラズマ肺炎の方が何人か続きましたのでマイコプラズマ肺炎についてまとめました。

 マイコプラズマ肺炎はマイコプラズマという細菌によって起こります。潜伏期間は2から3週間です。4年ごとに流行するといわれていましたが、最近では毎年流行が見られます。5歳以上に多く見られます。

 咳や発熱といったかぜ症状で始まり、次第に咳が強くなります。痰の少ない乾いた咳が夜に多くでます。熱は高い場合もあれば、微熱の場合もあります。ペニシリンやセフェム系の抗生物質(咽頭炎などで使います)を飲んでいてもよくならない場合は、マイコプラズマ肺炎を疑うひとつの材料です。レントゲン写真ではスリガラス状の淡い影が見られます。中耳炎を合併することがあります。

 治療はマクロライド系(クラリス、ジスロマックなど)、テトラサイクリン系(ミノマイシンなど)の抗生物質です。外来通院で治療できることが多く、治療開始後7から10日ぐらいで治ります。

2003年8月13日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→