神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.24 帯状疱疹(たいじょうほうしん)

 神経に潜んでいた水痘・帯状疱疹ウイルスが、疲れやストレスなどで免疫の低下したときに活性化され、神経から皮膚へ達して帯状の水疱を引き起こします。これが帯状疱疹です。高齢者に多い病気ですが、まれに小児でも発症します。みずぼうそうにかかったことのある人は、皆かかる可能性があります。

 帯状疱疹は一般的にチクチクした痛みから始まります。痛みが数日続いたあと、皮膚の赤みや水疱が、胸や背中などの片側に、神経に沿って帯状にでます。水疱は膿をもったようになり、やがてかさぶたになります。皮膚の症状は通常2〜3週間で治り、痛みもなくなります。小児では痛みはないか軽いといわれています。高齢者では神経痛が残ることがあります。

 治療はみずぼうそうと同じ抗ウイルス薬です。早く飲み始めると、症状が軽くすみます。炎症をおさえる軟膏も使います。通常、帯状疱疹は一度かかれば再発はしません。

 みずぼうそうの免疫がない人に接触すると、みずぼうそうとしてうつることがあります。注意が必要です。

2004年5月16日
(2014年8月一部書き直ししました)


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→