神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.26 麻疹

 麻疹は、「はしか」ともいわれ、高熱、咳や鼻水、目やに、全身性の発疹が主な症状である感染力の強い疾患です。麻疹ウイルスの空気感染によっておこります。潜伏期間は10〜12日です。

 最初の3〜4日はかぜのような熱、咳や鼻水、目やにが出て、次第にひどくなります。その後、39〜40℃の高熱となり、全身に強い発疹が出現します。高熱は3〜4日続いたあと解熱し、発疹はうすくなって、茶色い色素沈着となります。治療は対症的に行い、細菌感染をおこした場合は抗生物質を使用します。解熱後3日たつまでは登校、登園は禁止です。

 合併症としては、肺炎15%、中耳炎2%、脳炎0.2%という報告があります。日本の年間の麻疹患者数は10〜20万人、2歳以下に多く、死亡者は年間十数人といわれています。

 現在麻疹に対する特別な治療法はないので、ワクチンによる予防が最も有効です。麻疹ワクチンの標準接種期間は生後12〜15か月の間になりました(従来は12〜24か月の間)。お誕生日過ぎたら、早い時期に麻疹ワクチンを受けましょう。

日本は麻疹輸出国
  アメリカ合衆国では麻疹の患者数は年間100人と極めて少ない状況です。しかも、麻疹輸入例のうち第一位は日本からの輸入例です。日本の年間の麻疹患者数は10〜20万人ですので、国内での麻疹の制圧が大切です。予防接種率の向上が必要です。

2004年7月18日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→