神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.27 みずいぼ

 みずいぼは俗な言い方で、医学用語では伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)といいます。幼児期に多く見られる皮膚のウイルス感染症です。

 いぼは粟粒大の大きさで、半球状に盛り上がり、皮膚と同じ色でつるつるしています。全身にできますが、特にわきの下、腕の内側など軟らかい、こすれる場所にできやすい傾向があります。いぼの中には白いしんがあり、ウイルスがたくさん入っています。掻くことによりウイルスがまき散らされ、次々にいぼができていきます。

 皮膚の直接接触のほかに、プールでのビート板などによる間接接触で感染の可能性があります。プールの水ではうつりません。特にアトピー性皮膚炎の患者では、皮膚のバリア機能の低下のためにこのウイルスに感染しやすく、しかもかゆみのために掻いていぼが広がりやすいのです。

 治療はいぼの数が少ないうちに特別なピンセットでつまみ取ることです。確かに痛みはありますが、当院ではそのまま取っています。麻酔のテープを使う医療機関もあります。みずいぼは1年ぐらいで自然に免疫ができて治るので、痛い思いをさせてまで取る必要はないという考えもありますが、保育園などの集団生活を考えると、勧められません。  なお、みずいぼは出席停止となる伝染病ではありません。プールや水遊びを禁止する必要はありません。

2004年8月10日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→