神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.42 乾燥肌とスキンケア

 冬になると子どもたちの乾燥肌(ドライスキン)がめだつようになります。

 皮膚の最も大きな役割はバリア機能です。バリア機能は、外から細菌やウイルス、ダニやハウスダスト、化学物質などが入るのを防ぎ、水分が体の中から外へ出て行くのを防ぐ働きです。そのバリア機能で重要なのが角質層と呼ばれる最も外側の層です。角質層の細胞と細胞の間を埋めている物質がセラミドという脂質です。セラミドが少ないと皮膚が乾燥します。

 角質層の外側にある皮脂もバリア機能に関係しています。生後2か月位までは母親のホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んです。ところが、それ以降思春期の頃まで皮脂の分泌が少ない状態が続きます。当然皮脂が少ないと皮膚が乾燥します。

 乾燥肌に対してスキンケアを行いましょう。基本は石けんできれいに洗ったあと、保湿剤を使うことです。特に入浴後は皮膚に水分が残っているうちに保湿剤を塗りましょう。処方箋で処方できるものとしては、ワセリン、ヒルドイドなどがあります。乳児用の保湿ローションも多数販売されております。乳児から成人まで広い年齢で使える、セラミドを配合したものも出ております。使用感のよいものを長く続けてください。

2005年11月21日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→