神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.47 乳児の嘔吐

 赤ちゃんは母乳やミルクをよく吐きます。

 生後2〜3か月くらいまでは、哺乳後、母乳やミルクを口元からだらだら出しやすいのです。これを医学用語では溢乳(いつにゅう)といいます。赤ちゃんの胃が縦型であり、しかも、胃と食道の間にある噴門の締りが悪くて、食道へ逆流しやすいために起こります。まったく心配ありません。

 一方、げっぷと一緒に勢いよく吐くことがあります。吐乳(とにゅう)といいますが、赤ちゃんが元気で母乳やミルクの飲みがよく、体重が順調に増えていれば大丈夫です。赤ちゃんは鼻からの呼吸をとめないで、母乳やミルクを飲みます。その結果空気も胃の中にたまります。授乳後にげっぷを出させるのは吐乳を防ぐためです。

 病気を疑うときは吐くこと以外に症状がある場合です。下痢、発熱、不機嫌、体重増加不良、体重減少などがある場合には、感染症や神経系、消化器の病気などが考えられます。必ず小児科で診察を受けてください。

2006年4月21日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→