神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.49 おしゃぶりと歯

 おしゃぶりを3歳まで使い続けて、歯並びの悪化やあごの変形など障害が残ったとして、母親と子どもがベビー用品メーカーを訴えたというニュースがありました。 以前に比べて、外来でも、健診でも乳児が泣いたらおしゃぶりをくわえさせる母親をよくみます。おしゃぶりの利点と欠点についてまとめました。

[利点] 子どもが簡単に泣きやみ、静かになる。
     子どもが精神的に安定する。
     入眠がスムースである。
     母親の子育てのストレスが減る。

[欠点] 習慣になりやすい。
     長期間使用すると噛み合わせが悪くなる。
     子どもが泣いている理由を考えないで使用する。
      あやしたり、言葉をかけたりなど子どもとのふれあいが減る。
     子どもの発語の機会が減る。

 歯が生えて間もない時期は、弱い力であっても、持続的に歯に加わると、歯は移動しやすいのです。そのため、おしゃぶりを使用している子どもは、使用していない子どもに比べて、出っ歯や前歯が咬み合わずに開いていることが多いといわれています。こういった異常は2歳頃までにおしゃぶりの使用を中止すれば発育とともに改善されます。

 日本小児科学会は、「おしゃぶりは出来るだけ使用しない方が良いが、遅くとも2歳半までに使用を中止するようにする」と発表しています。

2006年6月21日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→