神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.51 言葉の遅れ

 言葉の発達は個人差が大きいので、親は子どもをほかの子どもと比べて「言葉が遅い」と心配しやすいのです。特に言葉の相談が多いのが、1歳6か月健診です。1歳6か月になっても意味のある言葉が出なければ言葉の遅れがあると考えられます。もし言葉の遅れが気になる場合には、次の4つをチェックしてみてください。

@ 音に対する反応がある:見えないところで音を出してみる
A 運動発達が順調である:お座りや歩き始めの時期が遅くない
B 言葉を理解できている:簡単な指示がわかる、指差しができる
C 一緒に楽しく遊べる:目と目が合う、遊ぶ時に落ち着いている

すべて満たせば、言葉が遅くてもあまり心配する必要はありません。

 言葉の遅れの原因の主なものをあげます。

1. 発達性言語遅滞
言葉の遅れで多く見られるのが、言葉の理解が正常で、言葉の発語のみ遅れるタイプです。男児に多く、2〜3歳頃から急に言葉が発達していき、正常になります。

2. 難聴
重度の難聴は、乳児期に音に反応しないことで気づかれます。中程度の難聴は、大きな音には反応するため、言葉の遅れで見つかることが多くあります。

3. 精神遅滞
知的能力の発達の遅れです。健診では、運動発達の遅れや言葉の遅れで気づかれます。

4. 自閉症
言葉が出ないことで見つかることが多くあります。視線が合わない、表情が乏しい、笑わないなど、周囲への関心や興味がありません。一方、物や行動へのこだわりもあります。

2006年8月22日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→