神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.60 O脚とX脚

 1歳6か月健診、3歳6か月健診では下肢の異常を心配して相談されることがよくあります。

 両足のかかとをつけて立たせたときに、両膝の間が開く、いわゆるがに股がO脚(オーきゃく)です。一方、両ひざをつけて立たせたときに、両足のくるぶしの間が開くのがX脚(エックスきゃく)です。

 小児の下肢は成長とともに変化します。乳児の下肢はM字型に開いていますが、立つようになってから2歳ごろまではO脚です。特に歩きはじめのころはO脚が目立ちます。3歳ごろには逆にX脚が最も強くなり、6〜7歳ごろになるとほぼまっすぐになります。このような生理的なO脚・X脚はほぼ左右対称です。

 整形外科に紹介する場合の目安としては、O脚の場合、2歳でひざの内側に指3本以上、X脚の場合、3歳でくるぶしの間に指4本以上、あるいはO脚X脚の程度に左右差がある場合です。

2007年5月23日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→