神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.62 斜視

 正面を向いたときに、黒目の片方の位置がずれているのが斜視です。黒目が内側に寄っているのが内斜視、外側にずれているのが外斜視です。

 赤ちゃんは目と目の間が大人より広いために、黒目が内側に寄って内斜視に見えることがあります。これは偽内斜視といわれ、異常ではありません。

 内斜視には、生まれつきの内斜視と、遠視が原因の内斜視があります。外斜視には、常にずれている外斜視と、ふだんは正常ですが、ぼんやりしている時などにみられる間歇性(かんけつせい)外斜視があります。

 斜視かどうかの判定にはペンライトを用いた角膜反射法が簡単です。ペンライトを30cmの距離から見つめさせると、正常では左右ともに黒目の中央に光の反射が見られます。偽内斜視でも同様です。ところが、斜視の場合はどちらか一方の反射が中央からずれてしまいます。

 斜視があると一方の目だけで物を見ようとするので、視力が発達しないで弱視になったり、両目で立体的に見る機能が発達しなかったりします。そのため治療が必要です。斜視が心配な場合は眼科で診察を受けましょう。

2007年7月22日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→