神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.65 蒙古斑(もうこはん)

 蒙古斑は青い皮膚のあざで、腰からおしりにかけて生まれたときからみられます。皮膚にメラニン色素を持った細胞が残ったためです。

 黄色人種ではほぼ100%に、黒人で80〜90%、白人では1〜20%にみられます。生後しばらくは青色が強くなりますが、その後うすくなっていき、5〜6歳ごろまでにはほぼ消えます。

 おしり以外の体や腕や足にみられた蒙古斑は異所性蒙古斑(いしょせいもうこはん)と呼ばれます。多くは成長とともにうすくなって消えますが、色の濃いものは残ります。日本人の成人の3〜4%に残っているという報告があります。

 色の濃い異所性蒙古斑の治療にはレーザー治療が有効です。

2007年10月24日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→