神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.67 副鼻腔炎

 副鼻腔炎は、ほほの内側にある副鼻腔(上顎洞といいます)に炎症が起こって膿や粘液がたまる病気で、蓄膿症ともいわれます。小児では乳幼児に多く見られ、かぜに伴って起こる急性副鼻腔炎が多いのですが、アレルギー性鼻炎に伴う副鼻腔炎も増加しています。

 たまったものが副鼻腔から鼻に流れるので、黄緑色の粘り気のある鼻水が出たり、鼻がつまったりします。鼻水がのどに回って痰がからんだ咳が出ることもあります。

 診断には鼻の中の診察と副鼻腔のレントゲン検査が必要なので、副鼻腔炎の可能性が高い場合には、耳鼻科の専門医に紹介しています。

 急性期の治療は抗生物質を通常量投与します。鼻水が長引く場合、マクロライド系抗生物質(クラリス、クラリシッド)の通常量の半量を2か月ぐらい続けます。この治療は抗生物質の殺菌作用ではなく、抗炎症作用や免疫調節作用を活用するものですので、耳鼻科の先生から指示されたとおり続けることが大切です。

2007年12月25日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→