神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.69 川崎病

 川崎病は、1967年に川崎富作博士によって始めて報告された病気です。全身の血管炎が起こりますが、原因は不明です。4歳以下の乳幼児に多く見られ、最も多いのが0歳児です。患者数は年間8000人ぐらいです。

 川崎病は突然の高熱で始まることが多く、以下の主要症状6つのうち5つ症状がそろえば川崎病と診断されます。
@ 5日以上続く発熱
A 両側の眼の結膜が赤くなる
B くちびるや口の中が真っ赤になる。舌がいちご様になる。
C さまざまな種類の発疹
D 手足がむくんだり、指先が赤くなったりする。回復期には指先の皮がむける。
E 頚部リンパ節のはれ

 合併症として重要なものが、心筋に血液を送っている動脈にこぶができることがあることです(冠動脈瘤)。ただし、小さな動脈瘤は次第に正常化します。

 治療はガンマグロブリンの静脈注射とアスピリンの内服です。ガンマグロブリン療法により、発熱期間が短くなり、冠動脈瘤の発生が少なくなりました。

2008年3月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→