神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.70 伝染性単核症

 伝染性単核症は、EBウイルスに初めて感染したときに起こる急性の病気です。

 EBウイルスはヘルペスウイルスの一種です。日本では3歳で80%くらい、成人では100%近くが感染しています。ウイルスは唾液中に出ており、唾液を介して親から子どもへ感染すると考えられています。乳幼児期は感染しても無症状か軽度のかぜ症状で経過します。学童期以降に感染すると、伝染性単核症となります。

 伝染性単核症の潜伏期は4〜6週です。主な症状は、発熱、のどの痛み、頚部のリンパ節の腫れです。多くの場合38℃以上の発熱が1〜2週間続きます。扁桃腺の炎症、頚部のリンパ節の腫れのほかに、肝臓の腫れがよくみられます。体の発疹がみられることもあります。

 血液検査では、白血球が増加し、通常のリンパ球とは形が違う異型リンパ球が出現します。また、肝機能障害が見られます。特別な治療法はなく、2〜3週間で症状は改善していきます。

2008年4月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→