神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.73 髄膜炎

 脳や脊髄の表面をおおう髄膜に炎症が起こり、神経の症状が現れる病気です。髄膜炎の原因となる病原体により、大きくウイルス性髄膜炎と細菌性髄膜炎とに分けられます。

 多いのはウイルス性髄膜炎です。特に、夏かぜの原因となるエンテロウイルスが圧倒的に多く、次いでおたふくかぜをひきおこすムンプスウイルスです。一方、細菌性髄膜炎の原因菌としては、インフルエンザ菌、肺炎球菌が多くなっています。

 よく見られる症状は高熱、頭痛、嘔吐です。項部硬直といって、首が曲がりにくくなったり、首を痛がったりすることがあります。乳児では症状がはっきりせず、不機嫌、なんとなく元気がない程度のこともあります。細菌性髄膜炎は、ウイルス性髄膜炎より重症感が強く、しばしば意識障害や痙攣が起こります。

 診断は髄液検査と血液検査によります。ウイルス性髄膜炎では安静でよくなりますが、細菌性髄膜炎では抗生物質を点滴で長期間投与します。細菌性髄膜炎ではてんかん、運動知能障害、難聴などの後遺症が起こりやすいので、早期発見と治療開始がとても大切です。

2008年7月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→