神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.74 細菌性腸炎

 感染性腸炎のうち、細菌性腸炎は夏から秋にかけて多く見られます。原因菌としては、カンピロバクター菌が最も多く、ほかに、病原性大腸菌(O157を含む)、サルモネラ菌などがあります。

 これらの菌は家畜の腸の中にいます。菌に汚染された食品を、生や十分に加熱しないで食べることにより感染します。原因の食品として多いものは、カンピロバクター菌の場合は鶏肉、サルモネラ菌の場合は鶏卵や卵の加工品です。

 潜伏期間については、サルモネラ菌は8〜24時間と短く、カンピロバクター菌は2〜5日です。病原性大腸菌の場合、O157は2〜8日と長めですが、他の大腸菌では1〜3日です。

 症状は発熱、腹痛、下痢、嘔吐です。下痢の程度は水様から粘血便までさまざまです。症状では腸炎の区別はできないので、便の培養検査により診断します。乳幼児では症状が重くなりやすいので、早めに小児科を受診しましょう。

 治療には水分の補給が大事です。必要に応じて、抗生物質と整腸剤を用いますが、菌や毒素を早く外に出すために、下痢止めは使用しません。症状が強い場合、入院が必要になります。

2008年8月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→