神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.75 夜尿症

 夜尿症とは5歳過ぎても夜間睡眠中に無意識に排尿してしまうことをいいます。男の子に多く、男女比は3:1です。5歳児ではまだ15〜20%に見られます。しかし、1年で20%ぐらいが自然に治っていき、思春期には1%ぐらいになります。

 夜尿症は大きく3つのタイプに分けられます。

@ 多量遺尿型(多尿型):抗利尿ホルモンの分泌量が少ないため、腎臓での水の再吸収が低下し、夜間の尿量が多い(250ml以上)。

A 排尿機能未熟型(膀胱型):膀胱機能の低下で膀胱容量が小さい(膀胱容積200ml以下)。日中も頻尿が見られることが多い。

B 混合型:上の2つの原因が合わさったもの。

 生活指導では、 「起こさず・あせらず・しからず」が三原則です。夜間に子どもを起こして排尿させると、睡眠リズムが乱れたり、抗利尿ホルモンの分泌が悪くなったりします。水分制限については、夕方から水分を控えるといわれていますが、試して効果がなければ続ける必要はないでしょう。

 当院では軽症から中等症の夜尿症に対して、三環系抗うつ剤に抗利尿ホルモン薬の点鼻を組み合わせた治療を行います。 

2008年9月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→