神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.79 RSウイルス感染症

 RSウイルスは冬に流行し、乳幼児の細気管支炎、肺炎を引き起こします。特に6〜12か月の乳児に多く、2歳までにほぼ100%が感染を受けるといわれています。しかし、一回の感染では一生の免疫はできないために、何回か感染を繰り返します。

 鼻水や咳が数日続いた後、ゼイゼイという喘鳴や呼吸困難が見られます。発熱は軽度のことも多いです。通常2〜3日で改善しはじめ、7〜10日で治ります。ただし3か月未満では重症化しやすいので注意が必要で、無呼吸発作が見られることがあります。診断にはRSウイルスの迅速診断キットが使われます。

 治療には気管支拡張剤、痰を切る薬が使われますが、RSウイルスに対する特別な薬はありません。重症の場合は入院して、酸素吸入が必要になります。予防としては、早産児などに限りRSウイルスに対する抗体(商品名シナジス)の注射が認められています。

 RSウイルスによる細気管支炎にかかった乳幼児では、その後の喘鳴、喘息発作がおこる危険性が高くなるといわれています。

2009年1月1日
(2015年12月改訂しました)


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→