神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.81 包茎

 包茎とは亀頭部が包皮に覆われた状態を言います。真性包茎とは、包皮をずらしても亀頭がまったく見えない状態、仮性包茎は、包皮をずらせば亀頭が見える状態を言います。

 赤ちゃんのペニスは生まれたときは包皮をかぶっており、生理的な包茎です。包皮と亀頭表面が癒着していることや、包皮口が狭いことが理由です。小児の真性包茎の割合は、新生児でほぼ100%、乳児期80%、幼児60%、小学校低学年40%、小学校高学年20%、中学生の思春期前は10%、思春期後は5%以下というデータがあります。真性包茎の大部分は思春期までに治るということです。

 乳幼児期に包茎で起こりうる問題には次のようなものがあります。 排尿時に包皮が膨らみ、尿がまっすぐ飛ばないことがあります。炎症を起こし、包皮が赤くはれたり、膿が出たりすることがあります(亀頭包皮炎)。また、包皮の下に恥垢(ちこう)がたまって、黄色いかたまりとして見られることがあります。ただし、包茎が治れば恥垢も自然と取れます。

 乳児健診でよく質問されますが、乳児では包茎が当たり前なので、入浴時に包皮をむいて洗うことに神経質になる必要はありません。

2009年3月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→