神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.84 脊柱側彎症(せきちゅうそくわんしょう)

 脊柱側彎症は、まっすぐであるはずの脊柱が捻じれながら側方に曲がる病気です。単なる姿勢の悪さから起きるものではありません。

 原因がはっきりしない側彎を特発性側彎症といいます。始まる年齢により、乳幼児型(0〜3歳)、学童期型(4〜9歳)、思春期型(10歳以降)に分けられます。乳幼児型は自然に治ることが多いといわれています。学童型は成長のスパートにより、急速な進行が見られることが多いといわれています。思春期型は最も頻度が高く、特発性側彎症の85%をしめます。

 進行してからでは治療法が限られるので、早期発見、早期治療のため、学校検診が重要です。外見から側彎をチェックする方法としては、脊柱の彎曲や肩の高さの左右差を見たり、前かがみにさせたときの背中の盛り上がり(肋骨隆起)を見たりします。

 脊柱側彎症が疑われた場合、整形外科を受診します。曲がり方の程度により、装具を着けることや、手術が必要になります。

2009年6月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→