神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.86 小児の肥満(学童期)

 肥満は「体脂肪が異常に蓄積した状態」です。しかし、体脂肪を簡単に測定できないので、肥満度で評価する方法が用いられています。計算式と判定は以下の通りです。

 肥満度={(実測体重−標準体重)/標準体重}×100(%)
    *標準体重は性別、年齢別、身長別に計算式で求める(5〜17歳)。
                (文部科学省監修 児童生徒の健康診断マニュアル(改訂版)による)

  軽度肥満 :20%以上30%未満
  中等度肥満:30%以上50%未満
  高度肥満 :50%以上

 肥満症は肥満と関係のある病気を合併することをいいます。具体的な病気としては、高血圧症、高脂血症、糖尿病、肝機能障害、高尿酸血症などです。健診で肥満を指摘された時に、血圧を測定し、血液検査を行うのは合併症の発見のためです。

 小児肥満の5〜20%がメタボリックシンドロームと診断されるとの結果があります。思春期の肥満の70%が成人肥満に移行するという報告があります。思春期からは生活習慣の見直しや治療へのかかわりが難しくなります。学童期に、家庭や学校で食事や運動などの正しい生活習慣を確立することが重要です。

2009年8月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→