神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.92 紫斑病

 紫斑とは、皮下出血斑のことをいいます。色は赤から紫を帯びたものまで、大きさは点状のものからじんましん様のものまで、様々です。紫斑を伴う病気が紫斑病ですが、ときどき見かけるのが、アレルギー性紫斑病(血管性紫斑病)です。

 病因は免疫が関係している全身性の血管炎であろうと考えられています。症状が起こる前に、溶連菌感染症にかかっていることがあります。4から10歳頃に多く見られます。

 おもな症状は紫斑、腹痛、関節痛です。紫斑は特に足に多く見られます。繰り返す強い腹痛もよくみられ、嘔吐や血便もみられることがあります。膝や足などの関節がはれて痛むことがあります。血小板の数は正常です。

 紫斑が出て1カ月以内に、およそ半分に腎炎の合併がみられます(紫斑病性腎炎)。ほとんどが無症状で、検尿で発見されます。腹痛が強い場合は入院して治療になります。紫斑は数週間で消えますが、繰り返す例もあります。腎炎はほとんどが一時的なものですが、血尿や蛋白尿の程度が強く、治療が必要な場合があります。

2010年2月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→