神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.94 起立性調節障害

 起立性調節障害は、身体が急速に発育する小学校高学年から高校生頃、つまり思春期の頃に多くみられる、自律神経失調症です。これは男児より女児に多く見られます。

 主な症状には、次のようなものがあります。
(1) 立ちくらみやめまいを起こしやすい。
(2) 立っていると気持ちが悪くなり、ひどいと倒れる。
(3) 入浴時や嫌なことの見聞きで気持ちが悪くなる。
(4) 少し動くと動悸や息切れがする。
(5) 朝なかなか起きられず、午前中調子が悪い。

 これらは、起立に伴う低血圧症状です。通常は起立時に下肢の静脈が反射的に収縮します。しかし、自律神経の機能低下があると、下肢の静脈に血液がたまって脳への血流が減少し、これらの症状が出ると考えられます。

 このほかに、青白い顔色、食欲不振、腹痛、倦怠感、頭痛、乗り物酔いなど、自律神経のバランスの乱れによる症状も見られます。いくつかの症状は貧血でも見られますので、区別のために検査が必要です。

 治療には、血圧を上げる薬や、自律神経を安定させる薬、漢方薬などが使われます。乾布摩擦や冷水摩擦といった皮膚の鍛錬が有効な場合があります。成長とともに治ることが多いと言われています。

2010年4月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→