神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.95 成長痛

 幼児期にみられる、繰り返す下肢の痛みで、レントゲン写真や診察で異常がなく、原因不明のものをいわゆる成長痛といいます。特に、膝関節周辺に多くみられます。整形外科では下肢の痛みを訴える小児の約30%が原因不明ですが、大半が成長痛と考えられています。

 成長痛の特徴は次のとおりです。
 (1) 3〜7歳に多く見られます。
 (2) 夜間に痛みを訴えます。
 (3) 急に強い痛みを訴えても、翌日には症状がなくなります。
 (4) 繰り返します。
 (5) 関節の腫れや押したときの痛み、動かせる範囲の制限などはありません。

 子どもの骨や関節は軟らかいので、運動と疲れで痛くなるようです。男児、第1子、甘えん坊、神経質な子に多いといわれ、心理的要因が関係している可能性もあります。痛みがある場合には、整形外科を受診してください。隠れた骨や関節の病気がないかどうか診察と検査が必要です。

 成長痛ならば、痛い部位をさすったり、マッサージしたり、湿布を貼ったりするとよいでしょう。運動制限は必要ありません。なお、成長痛は、子どもの成長期の痛みという理由でつけられただけで、骨の成長とは関係ありません。

2010年5月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→