神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.96 蟯虫症(ぎょうちゅうしょう)

 蟯虫(ぎょうちゅう)は小児で最も多い寄生虫です。長さ1cmくらいの白い糸くずのような形で、大腸に寄生していますが、夜寝ている間に肛門から出てきて、肛門の周囲に虫卵を産みつけます。その時に肛門がかゆくなるので、かいた指に虫卵が付着して口から感染します。また下着やふとんについた卵や床に落ちた卵から感染することもあります。そのため、保育園や幼稚園、小学校などでの感染や家族内での感染が起こります。

 診断は虫卵を検出することです。朝起きて排便前に検査用のテープを肛門にはってはがす検査を2日続けて行います。幼稚園から小学校3年生までは毎年行われ、陽性の割合は1〜2%です。

 虫卵が陽性の場合には治療を行います。コンバントリンという薬は1回の服用で90%有効です。ただし卵には効かないので、2〜3週後にもう一度飲むことが望ましいといわれています。家族感染が考えられる場合には家族全員の治療が必要です。手洗い、爪切り、下着を清潔にすること、ふとんを日光に当てることなども大切です。

 なお、これからプールの授業が始まりますが、蟯虫卵が、プールの水で感染することはありません。

2010年6月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→