神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.100 運動誘発喘息

 喘息の患者さんが、運動により一時的にぜいぜいしたり、息苦しくなったりすること運動誘発喘息と言います。

 運動誘発喘息は、重症の方や喘息の治療が不十分な方で、強い運動が持続し、かつ、冷たく乾燥した環境の時に起きやすいといわれています。運動の種類によって、喘息の起きやすさに違いがあり、ランニングが起きやすく、サイクリングが中間ぐらい、水泳は起きにくいとされています。そのため、喘息の子どもにとっては冬のマラソンが最も厳しいでしょう。

 しかし、運動は子どもの成長発達にとっても、肺機能の改善にとっても、必要なものです。周りの者が運動を制限することや、本人が運動に対し消極的になることは、避けなければなりません。運動誘発喘息の対応を指導して、積極的に運動できるようにすべきです。

 治療は、吸入ステロイドやロイコトリエン受容体拮抗薬などで喘息をしっかりコントロールすることです。また、運動前に気管支拡張剤を吸入すると、予防効果があります。薬以外の対応としては、運動開始前のウォーミングアップが大切です。もし運動中に発作が起きたら、運動を一時中止し、腹式呼吸を行います。呼吸困難が治まらなければ気管支拡張剤を吸入します。

2010年10月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→