神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.101 乳児喘息

 乳児は喘鳴(ぜんめい)といわれるゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸や呼吸困難を起こしやすいといわれています。乳児では気管や気管支が狭くなりやすいからです。そのため、初めての喘鳴の場合、喘息だけでなく、RSウイルスによる細気管支炎をはじめ、様々な気管支炎、喉頭炎などの感染症も考えなければなりません。

 喘息は発作性に喘鳴を繰り返す病気です。小児気管支喘息治療・管理ガイドラインによると、2歳未満の小児が喘鳴を3エピソード以上繰り返した場合、乳児喘息と診断します(エピソードとは一連の発作のこと)。ただし、エピソードとエピソードの間は無症状期間が1週間以上です。

 また、次のような所見がある場合、乳児喘息の診断に有用です。例えば、両親の少なくとも一方に喘息がある。患児にアトピー性皮膚炎がある。両親の少なくとも一方、または患児にダニなどに対する特異的IgEが陽性である。喘鳴が気管支拡張剤の吸入で改善する。

 小児喘息の約60%が2歳までに、約90%が6歳までに発症します。乳児喘息を重症化させないように、早期から喘息の程度に応じた治療が大切です。

2010年11月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→