神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.102 思春期喘息

 思春期とは二次性徴の始まりから、完成までの時期をいいます。思春期には小児喘息がよくなると思われていますが、必ずしもそうとは限りません。

 ある報告によると、15歳までには65%程度は発作が起きなくなります。一方で5%は発作を頻繁に繰り返したまま成人喘息に移行します。残りの30%は時々発作が起きるという状態です。

 思春期喘息と一言でいっても、発作が起きなくなってくる例と発作を繰り返す例の両方が存在します。思春期は、学校、部活動、塾、受験などで多忙であり、生活が乱れやすい時期です。親子関係、友人関係などで、ストレスも多くなります。受診が不定期になったり、薬が本人任せになったりして、治療がおろそかになりがちです。そのような例では、発作を繰り返すことになり、成人喘息へ移行する可能性が高くなるのです。

 患者本人に、発作の時だけでなく、日頃から吸入ステロイド薬などを継続することの大切さを理解してもらうことが重要です。毎回本人が受診する必要はありませんが、長期の休みには診察を受けましょう。

2010年12月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→