神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.107 先天性甲状腺機能低下症

 生まれつき甲状腺の機能が低下した状態で、クレチン症ともいわれます。主な原因としては、(1)甲状腺がないか小さい、あるいは本来あるべき所と異なった所にある、(2)甲状腺ホルモンを合成できない、(3)中枢神経の障害があげられます。

 甲状腺ホルモンは体の成長や脳の発達に関係するので、甲状腺ホルモンの不足の場合には早期に発見して治療を開始することが必要です。しかし、新生児期の症状として、長引く黄疸、便秘、臍ヘルニア、体重増加不良、皮膚の乾燥、不活発、舌が大きいなどがありますが、症状から発見することは困難です。そのため、新生児期にスクリーニング検査がおこなわれ、2000〜4000人に1人の頻度で先天性甲状腺機能低下症が発見されています。

 治療はレボチロキシンという甲状腺ホルモン剤です。血液中のホルモンの値のほか、成長や発達を定期的にチェックしながら治療していく必要があります。

2011年5月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→