神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.110 乳幼児突然死症候群

 乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、元気ですくすく育っていた赤ちゃんが、眠っている間に事故や窒息ではなく突然亡くなってしまう病気です。

 日本人での発生頻度は5000人に1人といわれ、年間およそ200人の赤ちゃんが亡くなっています。生後2〜5か月に多く、大部分は1歳未満です。また、12月から4月までの寒い時期に起こりやすく、出生体重2500g未満や、在胎37週未満の赤ちゃんに多くみられます。

 SIDSの原因はわかっていませんが、赤ちゃんをSIDSから守るために次の3つを心がけましょう。
@うつぶせ寝にしないこと
  うつぶせ寝はあおむけ寝に比べてSIDSの発症率が高いので、あおむけに寝かせてください。自分で寝返りができるようになった時には気がついたときにあおむけにする程度でよいでしょう。
Aたばこを吸わないこと
  両親が喫煙者だとSIDSの発症率が高いので、赤ちゃんの周囲での喫煙を避けましょう。
Bできるだけ母乳で育てること
  母乳栄養児はSIDSの発症率が低いので、できるだけ母乳で育てましょう。

* SIDSはSudden Infant Death Syndromeの頭文字をとったものです。
* ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン、三種混合ワクチン等の同時接種後に亡くなった赤ちゃんは、持病がある場合を除くと、SIDSの可能性が高いと考えられます。

2011年8月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→