神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.122 熱中症予防のための水分補給

熱中症予防のためには水分補給が大切ですが、運動しているときとそうでないときを分けて考える必要があります。

1.運動時の水分補給
 運動時には、大量の汗により水分だけでなくナトリウムやカリウムなどの塩分も失われます。そのため、水分だけでなく、塩分の補給も必要です。また、糖分はナトリウムと水分の吸収をよくすると同時に、エネルギー源になります。
 したがって、運動時の水分補給としては、0.1〜0.2%の食塩と3〜5%糖分が含まれているものが適しています。これがいわゆるスポーツドリンクです。ボトルの栄養成分表示(100mlあたり)を見て、ナトリウム 40〜80mg(食塩換算100〜200mg)かどうかチェックしてみましょう。

 大切なことは水分補給のタイミングです。のどの渇きは2〜3%の脱水になって初めて現れます。のどの渇く前に水分を取るようにしましょう。

2.日常の水分補給
 日常の水分補給としては大人も子どもも水やお茶で十分です。糖分のとりすぎにつながるスポーツドリンク、ジュース、炭酸飲料は勧められません。
 乳児では母乳やミルクが基本です。風呂上がりなどに白湯や麦茶などを飲ませるのはかまいませんが、赤ちゃん用のイオン飲料は嘔吐や下痢、発熱など病気の時に限った方がよいでしょう。

2012年8月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→