神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.125 乳児のアトピー性皮膚炎

 アトピー性皮膚炎とは、出たり消えたりを繰り返すかゆみの強い湿疹で、多くの場合、アトピー素因を持つものをいいます。ここでいうアトピー性素因とは、本人や家族に気管支喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などがある場合、または、IgE抗体が高い場合をいいます。しかも、皮膚のバリア機能が低下して、皮膚が刺激を受けやすくなっていることも関係しています。

 乳児期のアトピー性皮膚炎は、多くの場合、生後2−3か月ころ顔や頭から始まります。赤くジクジクした感じの湿疹で、顔では頬やあご、耳のまわりなどによく見られます。乳児脂漏性湿疹との区別が難しいこともよくありますが、湿疹が体や手足に広がったり、2か月以上続いたりする場合にはアトピー性皮膚炎と考えられます。手足では、肘や膝、手首や足首など関節の曲がる部分に湿疹が見られます。

 血液検査ではIgE抗体が陽性になりやすいので、乳児期には卵白やミルクといった食物の陽性が多く、1歳以降ではダニの陽性が急増します。

 治療は皮膚を石けんで丁寧に洗って汗や汚れを落とすこと、バリア機能を補強するために保湿剤の塗ること、炎症やかゆみを抑えるためにステロイド軟膏を塗ることです。食物アレルギーの程度によっては食事制限が必要になる場合もありますが、必ず専門医の指導を受けてください。

2012年11月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→