神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.129 抗ヒスタミン薬

 ヒスタミンはアレルギー反応の際に分泌される化学物質です。ヒスタミンは毛細血管や末梢神経にあるヒスタミン受容体に結合して、毛細血管を広げたり、血液中の液体成分を血管外に出やすくしたり、末梢神経を刺激してかゆみを引き起こしたりします。

 花粉症の症状である鼻水、くしゃみ、目のかゆみにも、じんましんの症状である赤く盛り上がった発疹やかゆみにも、ヒスタミンが関係しています。そのため、ヒスタミンの受容体への結合をブロックする抗ヒスタミン薬が治療に使われるのです。

 一方、ヒスタミンは脳内において、覚醒を増やしたり、学習や記憶を増やしたり、摂食行動をおさえたり、けいれんをおさえたりするなど、様々な働きをしています。

 内服した抗ヒスタミン薬の一部は脳へ移行して、脳内のヒスタミンの作用をおさえるように働きます。その結果生じる眠気は抗ヒスタミン薬の代表的な副作用です。また、小児ではけいれんが引き起こされやすいといわれています。そのため、近年脳への移行の少ない、眠気の少ない薬剤が広く使われています。

2013年3月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→