神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.138 アデノイド肥大

 アデノイドは鼻の奥にあるリンパ組織です。残念ながら、口からは直接見ることができません。乳児期から大きくなり始め、4から6歳頃に最も大きくなり、その後は自然に縮小していきます。アデノイドの大きさには個人差が大きく、鼻で呼吸ができていれば問題はありません。

 しかし、アデノイドが肥大すると、鼻づまり、口呼吸、いびき、睡眠時の呼吸障害などがみられるようになります。また、鼻炎、副鼻腔炎、中耳炎を繰り返したり、滲出性中耳炎を長引かせたりします。アデノイド肥大の診断は、レントゲン撮影やファイバースコープ検査によって行われますので、耳鼻科専門医の診察を受けましょう。

 肥大の程度が強くない場合にはオノンやシングレア、キプレスなどのロイコトリエン拮抗薬やステロイド点鼻薬が有効だといわれています。ロイコトリエン拮抗薬は鼻づまりタイプのアレルギー性鼻炎や気管支喘息で使われるものです。薬を使っても鼻づまりがよくならず、反復性の中耳炎や、睡眠時の呼吸障害がでる場合には、アデノイドをとる手術が必要になります。

2013年12月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→