神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.143 咳喘息

 咳喘息は咳のみを症状とする気管支喘息です。その特徴は、@3週間以上続く咳、A喘鳴(ゼイゼイした呼吸音)、呼吸困難がない、B気管支拡張剤が有効ということです。軽度でも喘鳴があれば咳喘息とはいいません。

 原因としては、気管支喘息と同様に、ダニやハウスダスト、花粉、カビなどの吸入抗原に対するアレルギーが関係していると考えられています。血液検査で抗原特異的IgE(RAST)が陽性かどうかを調べることができます。ただし、咳喘息では典型的な喘息に比べて、その陽性率が低いといわれています。また、好酸球(白血球の1種)による気道の炎症も関係していると考えられています。

 咳喘息の咳は気管支喘息に似て、寝るときや深夜、早朝に強くなりやすく、また、春や秋に多いという季節性があります。かぜがきっかけになり、咳喘息が発症することも多くあります。

 咳喘息の治療ではまず気管支拡張剤ですが、気道の炎症を抑えるために、吸入ステロイドも使用されます。咳喘息の一部が典型的な喘息に移行するといわれています。成人では移行防止のために吸入ステロイドが勧められています。

2014年5月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→