神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.146 乳幼児の鉄欠乏性貧血

 鉄欠乏性貧血は、ヘモグロビンの原料となる鉄が足りなくなるために起こる貧血です。なかでも生後6か月から2歳ころまでの乳幼児と思春期に多く見られます。

 乳幼児期は、胎児期にお母さんからもらった鉄のたくわえが少なくなるころです。また、体の成長が著しく、鉄を最も必要とする時期でもあります。そのため、食事から供給される鉄分が不足しやすく、貧血になりやすいのです。

 母乳は、鉄分が添加されている粉ミルクに比べると、鉄分が少なめです。離乳食には、鉄分が多いレバーや肉、赤身の魚、卵黄、ほうれん草などをとるように心がけましょう。また、牛乳中の鉄分も少ないため、1歳までに牛乳を与えると鉄欠乏性貧血になりやすいことが知られています。1歳以降であっても牛乳の飲みすぎで貧血が起こることがあります。

 乳幼児期の鉄欠乏性貧血の多くは症状がなく、血液検査で偶然発見されます。診断が確定したら、鉄剤のシロップを3か月ほど内服します。

2014年8月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→