神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.153 子どもの受動喫煙

 自分でタバコを吸うことを能動喫煙、タバコを吸わない人がタバコの煙を吸わされることを受動喫煙といいます。

 2012年の日本人成人の喫煙率は男性34.1%、女性9.0%です。一方、別の調査によると、妊婦の喫煙率は24歳以下で10%、25歳以上では4〜5%、その夫の喫煙率は24歳以下で63%、25歳以上では37〜49%です。子育て世代の若い親の喫煙率が高いので、かなりの子どもで胎児期から受動喫煙が始まり、出生後も続くと考えられます。

 子どもの受動喫煙の影響を胎児期と出生後に分けてまとめました。タバコがいかに危険かわかるでしょう。子どもをタバコの害から守ることはおとなの責任です。

【胎児期】
1.低酸素状態のために体重増加が不良となり、低出生体重児が多くなります。
2.奇形(口唇口蓋裂、多指症など)のリスクが高くなります。
3.注意欠如多動性障害ADHDの増加、知能の低下との関連が報告されています。
【出生後】
1.乳幼児突然死症候群のリスクが高くなります。
2.中耳炎、気管支喘息、呼吸器感染症が大幅に増えます。

2015年3月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→