神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.155 ヒトメタニューモウイルス感染症

 ヒトメタニューモウイルス(hMPV)は2001年に発見された、比較的新しいウイルスです。

 小児のウイルス性呼吸器感染症の5〜10%はhMPVが原因です。hMPV感染症の多くは上気道炎(かぜ)と考えられますが、乳幼児では、気管支炎や肺炎が多くみられます。重症な例では、高熱、咳、喘鳴(ゼイゼイすること)があり、RSウイルス感染症に似ています

 しかし、RSウイルス感染症では6か月以下が多いのに対し、hMPV感染症では1〜2歳に多くなっています。生後6か月ころからhMPV感染が始まり、2歳までに50%、10歳までに100%が初感染します。初感染で十分な免疫ができないので、再感染が起こります。また、RSウイルスの流行時期は10〜3月ですが、hMPVは3〜6月です。

 診断にはウイルス迅速検査が必要で、レントゲン検査で肺炎が強く疑われる6歳未満の方には保険が適用されます。治療は重症度に応じた対症療法になります。hMPVは保育園や幼稚園での集団感染、家族内感染が見られますので注意が必要です。

2015年5月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→