神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.159 なぜ気管支喘息発作は秋に多いのか

 気管支喘息発作は、慢性炎症で敏感になった気管支が、さまざまな刺激に反応し、収縮して起こります。季節の変わり目のうち、秋口に最も多く見られるのは、いくつもの要因が関係しているからです。

 1.吸入アレルゲン:小児の喘息患者の場合、90%以上がダニアレルギーを持っています。チリダニは高温多湿の環境で増殖するため、真夏に最も多くなります。その結果、吸入アレルゲンとなるダニの死骸やフンは9月〜11月が最大になります。

 2.呼吸器感染症:秋から冬には呼吸器感染症が多くなります。気道に感染したウイルスが、喘息発作を引き起こしたり、悪化させたりします。原因ウイルスとしてはライノウイルス(かぜの原因ウイルス)が最も多く、乳幼児ではRSウイルスも知られています。

 3.気象:喘息発作は、台風の接近や気温の低下などの気象変化と関係があります。5時間以内に3℃以上気温が低下した場合に発作が起きやすいというデータがあります。

 4.運動:運動は喘息を誘発します。冷たく乾燥した環境で起きやすいので、秋から冬に多くなります。秋は運動会シーズンですので、注意が必要です。

2015年9月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→