神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  ミニ知識
No.160 乳房腫大

 思春期になると女児では乳房が発育します。乳房のはれ(乳房腫大)で問題になるのは、男児で見られる場合と、女児でも7歳6か月未満で見られる場合です。

1.男児の場合
 男児でも思春期の初期に数cm程度の乳房のはれやしこりが見られることがあります。片側の場合も、ぶつかった時に痛かったりする場合もあります。これは思春期女性化乳房といわれる一時的な現象で、男性ホルモンの一部が女性ホルモンに変わるために起こります。多くの場合、思春期が進行して男性ホルモンが増加すると、1〜2年で乳房のはれは目立たなくなります。

 2.女児の場合
 7歳6か月未満で乳房発育が見られ、身長の急な伸びを伴う場合、思春期早発症の疑いがあります。小児内分泌の専門医に診てもらう必要があります。
 一方、2歳以下の女児で乳房の腫れが見られることは時々あります。乳房の腫れ以外の思春期の症状はなく、成長が正常であれば、早発乳房です。全く治療の必要はなく、数カ月から2年位で乳房のはれはなくなります。

2015年10月1日


↑ミニ知識トップ】 【←back】 【next→