神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
憂うつな花粉の季節

 2月の初めはインフルエンザの患者さんが多かった当クリニックも、今週末はインフルエンザの患者さんが急に減って、スギ花粉症の患者さんが目立つようになりました。私自身がスギ花粉症なのでわかるのですが、2月13日から花粉の飛ぶ量が多くなったようです。

 秦野市は丹沢山地のふもとで、スギ花粉量が特に多いところです。そのため、スギ花粉症患者の低年齢化がみられます。3歳以下ではまだ少ないものの、幼稚園児になると珍しくありません。スギ花粉量が多い静岡県のこども病院アレルギー科の論文では、喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー患者のスギ花粉IgE抗体の陽性率が1歳で27%、2歳で62%と報告されています。スギ花粉IgE抗体が陽性でも直ちに症状が出るわけではありませんが、何年か後にはスギ花粉症になる予備軍と考えられ、陽性率の高さには驚くばかりです。

 スギ花粉症の治療としては、アレルギー反応を抑える抗アレルギー薬の内服や点鼻薬、点眼薬を使います。薬を正しく使うことは当然ですが、もうひとつ大事なことはスギ花粉を避けることです。具体的な対策としては、マスクを使う、布団や洗濯物を外に干さない、うがいや洗顔できれば目も洗うなどがあげられます。

 しかし、幼稚園児や小学生にマスクを指導しても、マスクを嫌がる子が多く、まして外で運動しないようにするのは無理です。スギ花粉症の患者さんにとっては憂うつなこの季節、せめて薬で症状が軽くなればいいと思いながら患者さんを診ています。

2003年2月16日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→