神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
市販薬をどう使うか

 政府の規制緩和の方針の中で、コンビニエンスストアでの医薬品販売をどうするかが注目を浴びています。コンビニで扱ってほしいものとして医薬品を上げる方が多いというデータがあります。

 医師会の夜間診療所の当番のときなど、急な発熱、頭痛、下痢など市販薬で対応できる程度の方でも、手持ちの薬がなく、夜で薬が買えないため来院される方が少なくありません。このような方にとってはコンビニで鎮痛解熱剤や下痢止めなどが購入できれば助かるでしょう。医療費抑制の効果も期待できます。一方で、下痢で総合感冒薬を飲んだり、葛根湯と解熱剤を併用したりといった首をかしげてしまう飲み方をする人もいます。

 乳幼児で、市販薬を飲ませていいかと相談を受けることがあります。1日2日飲ませてみてもいいと思います。よくならなければ医療機関を受診すればいいでしょう。ただ、医療機関でその子どもさんの体重や症状に合わせたオーダーメードの薬に比べると効果が見劣りすることは否めません。保育園に通っていてよくかぜをひく子どもの場合は、かかりつけ医から解熱剤、咳止めなどの常備薬をもらっておくのがいいと思います。

 コンビニでの医薬品の販売がどう決着するかわかりませんが、患者さんには市販薬の上手な使い方が求められていると思います。いざとなってあわてないように、市販薬であろうと医療機関の処方薬であろうと、使い慣れた薬を常備しておくのがいいのではないでしょうか。

2003年6月19日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→