神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
テレビゲームの効用について

 科学誌ネイチャーに掲載された米研究者の論文によると、よくテレビゲームをする人は、目に映った映像から特定のものを選び出す能力が高まるという記事が、5月29日の朝日新聞の夕刊に載っていました。

 確かに図形や文字の判別といった視覚情報の処理能力が高まることがあると思います。しかし、テレビゲームの欠点としては次のようなものが考えられます。@目が疲れる。視力の低下。A運動能力の低下や運動不足による肥満。B姿勢が悪くなる。C学習時間が減る。D睡眠不足。E人付き合いが下手、家にこもりがちといった社会性の低下。F光過敏症。5年前にテレビ番組のポケモンで痙攣を起こした子どもが大勢出て問題になった、光刺激による痙攣。

 論文を実際には読んでいないので、確かなことはいえませんが、実験対象を18から23歳としていますので、脳が発達途上にある低い年齢ではこのような結果が出なかった可能性があります。むしろいろいろなマイナス面が出やすいと考えられます。

 したがって、記事の最後に、眼科の先生がゲームはせいぜい1日1時間にすべきだとコメントしておりますが、私も賛成したいと思います。

2003年6月5日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→