神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
コーヒーの効用

 私はコーヒーが好きで、食後には必ずコーヒーを飲んでいます。アルコールはなくても大丈夫ですが、コーヒーがないと無理です。以前はひいた豆を買っていましたが、最近通販で買った電動のコーヒーミルで豆をひくようになって、コーヒーの味と香りの奥深さがわかりはじめたところです。

 実は、コーヒーは健康に役立つ飲み物なのです。確かに、コーヒーで胃がもたれたり、寝つきが悪くなったりすることはあるでしょう。これはコーヒーの中のカフェインの働きによります。コーヒー1杯にカフェインは100mg含まれていますが、これは紅茶と同じくらいです。むしろカフェインの好ましい作用としては、脳の働きを活発にし、集中力を高める作用や、胃酸の分泌を促進する作用、脂肪燃焼促進作用などがあります。コーヒーは頭をすっきりさせたいときや食後に飲むのに適した飲み物といえます。さらにコーヒーには、善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を防ぐ効果や、癌を防ぐ効果もあるといわれています。また、コーヒーは血圧には悪い影響を与えないというデータもあります。

 では、子どもがコーヒーを飲むと何か影響があるのでしょうか。残念ながら調べた範囲では、子どもとコーヒー、子どもとカフェインについて書かれたものはありませんでした。カフェインが悪ければ、紅茶もいけないはずです。苦みが子ども向きではないだけなのでしょう。

 好きなものを飲めば心が和んでリラックスできます。私にとって、コーヒーはリラックスできて体にもよい飲み物です。皆さんもコーヒーをじょうずに飲んで、健康に役立ててください。ただし、砂糖やミルクを入れてコーヒーを飲む方は、カロリーの取りすぎに注意しましょう。

2003年7月20日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→