神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
1歳になったらすぐにはしかの予防接種を受けましょう

 今年の5月に厚生労働省が麻しん(はしか)の予防接種に関する提言を出しました。日本では、麻しん患者の約半分が2歳以下であるにもかかわらず、1歳児の麻しんの接種率が50%程度です。低年齢での麻しんの流行を減らすことが重要で、そのための具体的な内容は次のとおりです。

 @標準的な接種の時期を生後12から15ヶ月とする。
 A各種健診や入園・就学時に接種もれをチェックし、接種を勧める。
 B休日接種などの接種機会を増やす。
 C麻しん対策の重要性を知らせる。

 ここにあげられている項目は、休日接種を除いては当然の取り組みだと思います。私も、予防接種の相談にみえた方には、1歳過ぎたら麻しんワクチンを受けるようにいいます。また、各種健診で接種歴をしっかりチェックしています。

 一番の問題は、親が麻しんの怖さを知らないために、軽く考えていることです。日本では麻しん患者は年間10から20万人で、肺炎や脳炎などの合併症も頻度が高く、死亡は年間数十名と報告されています。一方、予防接種が徹底しているアメリカでは2001年の麻しん患者がわずか100人です。

  麻しんワクチンを勧めたとき、「いつもかぜをひいているので、なかなかうけられない」といわれることがあります。それでいて、最後にかぜでかかったのが2ヶ月前だったりするわけです。また、「子どもがあばれるので連れてくるのがたいへんだ」といわれたこともあります。あばれるのを押えるのが大変な歳まで接種を受けないのがいけないのであって、1歳になったばかりではあばれません。さらに、夏に予防接種をしないというのは昔の話です。むしろ、かぜが少ない分接種を受けやすいでしょう。

 麻しんは怖い病気です。1歳になったら、すぐに麻疹の予防接種を受けましょう。

2003年7月6日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→