神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
待合室のエチケット

 今年もインフルエンザの季節になりました。昨年ほど多くはありませんが、熱の高い方、咳の強い方、気持ちが悪い方など様々な症状の方が外来に見えられます。待合室を見回すと、今年は昨年までと違って、マスクをつけた方が目立ちます。昨年SARSが騒がれて以来、かぜの症状があるとマスクをする方が増えたようです。

 通常のマスクは飛沫感染には効果あります。飛沫感染は、ウイルスや細菌が咳やくしゃみで分泌物とともに空気中に飛び出し、1mぐらいの範囲のひとに感染することをいいます。インフルエンザは飛沫感染で広がりますので、患者さんがマスクをすることにより、ウイルスの広がりを抑えることができます。逆に、健康な方がマスクをすることにより、ウイルスの侵入を防ぐことができます。

 先日咳がひどく、熱が高いという中学生を診察しました。直ちにインフルエンザを疑って検査をしたところ、インフルエンザA型でした。付き添っていた母親自身は、しっかりマスクをしていましたが、その中学生は咳が強いにもかかわらず、マスクをしていませんでした。大人に比べると、中学生、高校生がマスクをつけていないことが多い印象です。医療機関へ来たら、親自身が予防的にマスクをするより、症状の出ている子どもにマスクをさせるのが先だと思います。

 この時期、小児科の外来の待合室には、たくさんのウイルスが飛んでいます。今年度はウイルスを殺す効果のある空気清浄機を導入し、加湿器で湿度を高めにする対策をとっていますが、十分ではありません。乳幼児は大人より免疫が弱く、マスクもできません。幼稚園児以上で、咳やくしゃみの出る方は、ウイルスを飛ばして周りの人に迷惑をかけないように、必ずマスクをつけてほしいと思います。これは待合室でのエチケットです。

2004年1月18日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→