神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
予防接種週間を振り返って

 日本医師会と日本小児科医会が中心となって、平成16年3月1日から7日まで「子ども予防接種週間」という取り組みが実施されました。今回の目玉は、共働きの家庭など平日に予防接種を受けづらい方のために、日曜日に接種の機会を作ったことでした。当院も積極的に参加し、3月7日の日曜日に予防接種外来を行いました。秦野市では日曜日に接種可能な医療機関は3ヵ所でした。

 ところが、3月7日の日曜日に接種を受けた方はわずか5名でした。内訳は麻疹2名、三種混合1名、日本脳炎2名で、すべてこれまで当院で平日に接種を受けており、院内の掲示を見て予約された方でした。医師会では保育園や幼稚園に予防接種週間の案内をしていたのですが、まったく功を奏しませんでした。4時間の予定が、わずか40分で終了してしまいました。

 確かに、宣伝不足でした。しかし、秦野市のような地方都市では、わざわざ日曜日に予防接種を受ける必要性が少ないのではないでしょうか。当院を初め、いくつかの小児科医院では保育園の帰りに接種を受けられたり、土曜日の接種も可能だったりフレキシブルな対応をしています。乳児健診のときに接種状況を見ても、全体の印象としてはかなりできているようです。たとえば、1歳半健診時の麻疹ワクチン接種率が72.8%(平成14年度)で、全国的な統計の1歳代約50%を大きく上回っています。そうすると、日曜日は予防接種ではなく、むしろ市内の大型店舗Jでショッピングとなるでしょう。

 予防接種の必要性は誰もが知っているはずです。このような付け焼刃的なキャンペーンでなく、小児科医が健診や日常診療の折に、予防接種の相談に乗ったり、スケジュールを立てたりする必要があると思います。日曜日に実施することが大事なのではなく、日ごろから接種を受けやすいフレキシブルな対応が大事だと思います。

2004年3月16日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→